ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
中学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

中学校情報

江戸時代の文化



ここでは江戸時代の文化についてご紹介します。

元禄文化

元禄文化

庶民を中心に、様々な文化が花開いたこの時代の文化を「元禄文化」と言います。

文学

江戸時代は、庶民の文化が発達した時代でした。17世紀末の元禄(げんろく)のころは、江戸や大坂、京都が大きく発展し、その繁栄によって新しい文化が栄えました。井原西鶴(いはらさいかく)は、「浮世草子(うきよぞうし)」で武士や町民の生活を表し、近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)は、人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)で、身近な事件を題材にした台本を書きました。演劇として発展した歌舞伎では、市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)や坂田藤十郎(さかたとうじゅうろう)などの役者が人気を集めました。松尾芭蕉(まつおばしょう)は、俳句で自身の気持ちや感情を表現し、作品を発表しました。一方で、第5代将軍・徳川綱吉(とくがわつなよし)は儒学を奨励(しょうれい)し、日本の歴史や「万葉集」や「源氏物語」など、古典に関する研究も進み、数学、天文学などの学問も発展しました。

絵画

絵画では、俵屋宗達(たわらやそうたつ)が「風神雷神図」を屏風に描き、その影響を受けた尾形光琳(おがたこうりん)など、名高い絵師が次々と現れました。町人の風俗を描いた菱川師宣(ひしかわもろのぶ)の絵は、その後浮世絵(うきよえ)として大成していきました。

キーワード

人形浄瑠璃
浄瑠璃の語りにあわせて、人形をあやつって行なう演劇。
浮世絵
庶民の生活や風俗などを描いた絵画で、美人画など人物を中心に主に描かれた。

この時代の登場人物

井原西鶴
大坂の俳諧師(はいかいし)で、浮世草子の作者。
近松門左衛門
人形浄瑠璃の脚本家で、心中など現実の事件を扱った作品を多く残した。
尾形光琳
俵屋宗達の影響を受けて、大和絵風の華やかな装飾画を大成した。
菱川師宣
「見返り美人図」など町人の風俗を描いた絵師。
松尾芭蕉
俳諧師で、紀行文「奥の細道」などを残した。
徳川綱吉
第5代将軍で、学問を奨励する一方、「生類憐れみの令(しょうるいあわれみのれい)」を発令して、動物や昆虫などの殺生を禁じた。

化政文化

異国の学問

異国の学問

日本の古典についての学問が進む中、本居宣長(もとおりのりなが)が「古事記伝」を表し、国学を大成しました。一方で、海外の学問を積極的に取り入れて、日本独自のものに活かそうとした人もいました。杉田玄白(すぎたげんぱく)らは、ヨーロッパの解剖書(かいぼうしょ)を翻訳した「解体新書(かいたいしんしょ)」を出版し、蘭学(らんがく)の基礎をつくりました。また、伊能忠敬(いのうただたか)は、ヨーロッパの測量技術を使って、正確な日本地図をつくりました。海外の学問は、学者や専門家が私塾(しじゅく)を開いて、庶民にも伝わるようになりました。緒方洪庵(おがたこうあん)は適塾(てきじゅく)を開き、オランダの医者のシーボルトは、医学塾を開きました。藩も藩校を開いて武士に学問や武道を教え、教育の場ができました。町や農村では寺子屋が開かれ、庶民や農民も学問が学べるようになりました。

浮世絵の大成

浮世絵の大成

学問だけでなく、庶民の娯楽や文化も活発になりました。歌舞伎は舞台や演目が増え、落語や相撲なども庶民の支持を集めました。浮世絵の技術も発達し、錦絵(にしきえ)と呼ばれる多色刷りの版画が開発されると、庶民の間で大流行し、喜多川歌麿(きたがわうたまろ)、葛飾北斎(かつしかほくさい)、歌川(安藤)広重(うたがわひろしげ)などが、それぞれの画風で脚光を浴びました。文学では、十返舎一九(じっぺんしゃいっく)の「東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)」や滝沢馬琴(たきざわばきん)の「南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)」などの長編小説が人気を呼び、俳諧(はいかい)の世界では、与謝蕪村(よさぶそん)や小林一茶(こばやしいっさ)がすぐれた作品を残しました。

キーワード

キーワード
古事記伝
本居宣長が、奈良時代につくられた「古事記」を、読みやすくしたり、注釈を付け加えたりして35年かけて編集した本。
解体新書
杉田玄白や前野良沢たちが、オランダの医学書を日本語に翻訳した本で、「ターヘルアナトミア」とも呼ばれている。
錦絵
浮世絵の木版画の技術を進歩させ、多くの版を使うことで多彩な色を実現することができた。画材も美人画から役者絵、風景画、風俗画まで幅広くなった。

この時代の登場人物

本居宣長
日本の古くから伝わる伝統を評価した「古事記伝」の作者。
伊能忠敬
日本全国の海岸線を測量し、正確な日本地図を作成した。
緒方洪庵
大坂の医者で、適塾と言う私塾を開いた。適塾には全国から弟子が集まった。
喜多川歌麿
「ポッピンを吹く女」などの美人画で知られる浮世絵師。
葛飾北斎
風景画から挿絵まで幅広く活躍した絵師で、「富嶽三十六景」「北斎漫画」などが有名。海外の印象派の画家にも影響を与えた。
歌川(安藤)広重
「東海道五十三次」の風景画で知られる浮世絵師。