ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト中学校リサーチ
中学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

中学校情報

中学校の教員の一日



中学校教員の一日の流れと具体的な仕事内容についてご紹介します。文部科学省初等中等教育局教職員課が発行する「教員になるためには」の要項を参考にみてみましょう。

教員の一日(例)

教員の一日(例)

中学校教員の一日の過ごし方として、以下のような例が挙げられます。

8:00 登校指導

校舎入り口に立ち、挨拶や服装などの指導を行ないます。生徒の登校時の安全確保を目的に、生徒の挨拶励行や健康観察なども兼ねています。

8:15 職員朝会、読書タイムなど

職員朝会や学年打合せで、その日の予定や生徒への連絡事項などの情報交換を行ないます。曜日によってはこの時間に全校集会などが行なわれたり、読書タイムなどの朝の活動を行なったりする場合もあるようです。

8:30 朝の会、健康観察

朝のホームルームで生徒に連絡事項を伝えるとともに、生徒の健康観察も行ないます。

8:40 授業

午前中の授業がスタート。担当する授業が入っていない場合には職員室で授業の準備や事務作業などを行ないます。

10:15 中休み

休み時間には職員室に戻り、準備を整えて次の授業を行なう教室へ向かいます。

10:35 授業

12:10 給食

給食は教室またはランチルームで、生徒と一緒にとる場合が一般的です。

12:50 昼休み

プリントの印刷など、午後の授業の準備をしたり、生徒の提出物などのチェックを行なったりします。

13:35 清掃

清掃を怠っている生徒がいる場合は指導します。

14:45 授業またはクラブ、委員会活動

クラブ活動や委員会活動を指導。これらは放課後に実施されることもあります。

15:30 帰りの会、下校指導

職員会議や学年会、職員研修などが実施される曜日もあります。また、明日の授業の準備や、テストの採点をしなればならない場合もあります。その他、学校行事の準備や進路指導、教育実習生受け入れの準備、懇談会、教科書の選定、部活動の練習試合先との調整など、時期や担当によって様々な業務があります。

仕事内容

中学校教員は、教室での授業以外にも様々な仕事をしています。学校種などにより職務内容は異なりますが、代表的な業務をご紹介します。

教科指導など

教員の主な仕事となるのが、教科などの授業です。授業を行なうには、目標やそれに沿った指導計画の作成、教材や他の先生の授業の研究などを十分に行なう必要があるでしょう。さらに、試験などを行なう場合は、成績づけにとどまらず、その結果を受けて授業の改善を図ることも大切です。

教員はこうした授業や試験を通して、生徒に基礎的な知識や技能、思考力、判断力、表現力などの学習意欲が身につくように指導を行なっていきます。

指導計画の作成
各教科および道徳、総合的な学習の時間、特別活動についての指導計画を作成
目標や評価の方法などを決めておく
教材研究、授業研究
各教科などについて教科書や副教材を研究
他の先生の授業を見て、自らの授業の改善に努める
授業
授業計画を踏まえ、分かりやすい授業を行なう

学級経営、生徒指導

  • 朝の会やホームルームの実施
  • 面接などを通して、生徒一人ひとりの様子を把握
  • 問題行動への対処
  • クラスの活動記録の作成
  • 学級通信の作成

進路指導、キャリア教育

  • 進路相談
  • 進路情報の収集、整理
  • 総合的な学習の時間や学校行事
  • 職場体験およびインターンシップなどの実施

部活動

  • 部活動の指導
  • 試合などの引率