ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
中学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

中学校情報

中学校のその他職員の役割



中学校では校長と教員の他にも、事務職員や図書館職員などが勤めています。その仕事内容と役割についてご紹介します。

学校事務

学校事務

学校事務職員は、学校がスムーズに機能していくための学校運営や経営に関わる事務作業を担当しています。ただし中学校の事務職員の職務は、条例規則などで定められているわけではありません。それぞれの事務職員の年齢や経験、また学校ごとの人数などにより、業務内容は若干異なることがあります。

事務職員の主な業務

事務職員の主な業務

担任を持つ教員が行なう、出席簿の記入や学級通信の発行、学習指導案の作成、研修報告書の作成なども、広い意味では事務作業といえるのかもしれません。教員らには立場によって固有の作業があるため、学校運営および経営に関わる事務作業を行なうのが、事務職員です。以下に、事務職員の主な業務をご紹介します。

財務事務

公立学校の運営費は、主に税金で賄われています。そのため電気・水道代からチョークの購入費まで、ほとんどの費用が地方自治体の配当予算から支出されます。予算の使い道の検討や購入契約、支出手続きなどは、事務職員の仕事の中で重要なウエイトを占めているといえるでしょう。

給与事務

教職員一人ひとりの給与データを県や自治体に報告し、正しく支給されるようにします。

旅費事務

教職員が出張した場合、交通費の支給と請求についての処理を行ないます。

福利厚生事務

教職員の健康保険、厚生活動などについての情報提供や書類の記入依頼を行ないます。学校によっては教頭が中心に行なうこともあります。

証明書発行事務

在学証明書や卒業証明書、学割証などを発行する業務です。

備品管理事務

学校の備品を台帳で管理し、現物の照合や不用物品の処理などを行ないます。

施設管理事務

施設の不具合などへの対応を行ないます。生徒の安全面で支障にならないように、早期の対応が重要となります。

教科書事務

教科書の必要数の報告をはじめ、受領した生徒名簿の作成報告、転出入時の処理など、納入業者や教育委員会と漏れのない連絡を行ないます。

就学援助事務

経済的理由により就学が困難な家庭には、国や自治体から援助費が支給されることがあります。その認定申請や支給手続きについての処理を行ないます。

学校経営支援事務

学校運営や経営を支援するための、組織マネジメントを中心とした事務処理です。

図書関連の職員

図書関連の職員

中学校図書館および図書室にも、専属の職員が勤務している場合があります。

司書教諭

司書教諭

学校図書館の経営および指導面を担います。具体的には学校図書館の経営方針や経営計画を立て、年間運営計画などを作成する他、図書館の機能を活用する学習指導や読書指導、情報活用能力の育成指導などを行ないます。学校司書が配置されていない場合には、図書館の運営やメディアの整備なども業務に含まれます。

学校司書

学校司書

主に学校図書館のサービスと技術面の整備を担当します。例えば図書館メディアの紹介および提供、情報サービスや広報の整備などです。また図書館を活用する学習活動が円滑に行なわれるように支援もします。