ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト中学校リサーチ
中学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

中学校情報

中学生の習い事(学習塾編)



中学生は、主にどのような習い事をしているのでしょうか。男女別に人気の高い習い事ランキングと、それにかかる費用についてご紹介します。

人気の習い事

人気の習い事

2007年(平成19年)に内閣府によって実施された調査によると、中学生男子、女子ともに、通っている比率が第1位の習い事は「学習塾、予備校」だということが分かっています。割合としては、男子中学生の51.5%、女子中学生の46.3%が「塾に通っている」と回答しており、約半数の中学生が学習塾または予備校に通っているということになります。学習塾に通う理由は「中間・期末テスト対策、受験勉強など、実際には学校の授業だけでは不十分」だと考えている保護者が多いことにあるようです。

小学生と中学生の習い事を比較して大きく異なるのは、中学生は学力中心の習い事になっていることです。中学校に入学すると、部活動に入部する子どもが多くなるため、学校が終わってから習い事に通うのは、物理的に困難になってきます。そのため、小学校を卒業すると同時に、それまで習っていた習い事をやめるケースも多いとされています。また、スポーツ系の習い事に通うよりも、学校に通う方が、経済的な負担が少ないことも理由に挙げられます。スポーツ系の部活動に入部すると、学校で上下関係を築いたり、集団行動の秩序を覚えることができるという利点もあります。このように、小学生に比べて学習塾に通う割合が増えるのには、様々な背景があります。

もちろん、小学生のときから続けられている習い事も、多数ランクインしています。中学校に入学しても習い事を続けるのは、趣味や教養のためだけではなく、プロを目指しているという場合もあり、中学生の習い事は小学生と比べて、より自分の将来を意識した内容になることが多いようです。

男子中学生に人気の習い事

1位 学習塾、予備校/51.5%

2位 何もしていない/31.6%

3位 野球、サッカー、体操など/10.2%

4位 英語教室・英会話/8.9%

5位 柔道、剣道、空手など/4.9%

6位 習字/4.4%

7位 音楽(ピアノ、エレクトーン、バイオリンなど)/3.8%

8位 家庭教師に習う/3.6%

9位 水泳(スイミングスクールなど)/3.0%

10位 その他/1.9%

女子中学生に人気の習い事

1位 学習塾、予備校/46.3%

2位 何もしていない/30.8%

3位 音楽(ピアノ、エレクトーン、バイオリンなど)/21.2%

4位 英語教室・英会話/11.6%

5位 習字/11.2%

6位 家庭教師に習う/4.7%

7位 水泳(スイミングスクールなど)/4.1%

8位 バレエ、ダンス、エアロビクスなど/3.3%

9位 柔道、剣道、空手など/2.2%

10位 野球、サッカー、体操など/2.0%

※2007年(平成19年)2月現在 内閣府調べ

学習塾の費用

では、約半数の中学生が通っている学習塾には、年間どれほどの費用がかかるのか見てみましょう。文部科学省が2010年度(平成22年度)に実施した「子どもの学習費調査」によると、幼稚園、小学校、中学校、高等学校で比較すると、学習塾費に年間1円以上支出した者の割合が一番高かったのは、公立中学校の71.1%になっています。中学校までは、年次が高くなるごとに学習塾に通う割合が増加していることが読みとれます。また、学習塾費に年間1円以上支出した者の平均額は、公立の小学校が13.2万円、私立の小学校が29.5万円、公立の中学校が25.7万円、私立の中学校が21.7万円、公立の高等学校が22.6万円、私立の高等学校が31.8万円という金額が明らかになっています。