施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト中学校リサーチ

中学校情報

中学校での服装や身だしなみ



多くの中学校では、指定の学生服(=制服)の着用が義務づけられています。制服や校則などのルールは各中学校により異なります。

理想的な身だしなみ

理想的な身だしなみ

中学生の身だしなみでは、清潔感が大切だとされています。ここでは高校入試の面接時に好まれやすい身だしなみについて見てみましょう。

男子生徒

男子と女子では、チェックすべきポイントも違ってきます。髪型、上着、ズボン、靴下と靴、その他の5種類に分けて、理想とされる身だしなみをご紹介します。

髪型

中学生らしい、清潔で爽やかなヘアスタイルが好まれる傾向にあります。色を染めたり、パーマをかけたりといったアレンジは厳禁です。長さは、前髪が目にかからない程度までが理想といわれています。また、肩にふけが付いていると不潔に感じさせてしまいます。黒系統の制服を着ていると、白いふけは目立つので注意が必要です。

上着

学ラン(つめえりの制服)の場合は、ホックやカラーをつけ、ボタンもすべて留めましょう。ブレザーの場合はネクタイを正しく締めるとキッチリして見えます。校章やクラスバッジを着ける際は、曲がっていないかを鏡の前で確認すると良いでしょう。

またシャツは白色を選び、シワにならないようにアイロンがけしておくことも大切です。襟元や袖口などは汚れやすいため、洗濯した清潔なものを着用しましょう。

ズボン

ズボンの幅や長さが、背丈と合っていると好印象です。サイズを合わせたら折り目をしっかりプレスをしておくことが、だらしなく見えないポイントです。

靴下・靴

靴下の色は、白や紺などの無地のものが好まれます。靴に関しても、落ち着いた色のものを選ぶと良いでしょう。黒または茶色の革靴か、無地のスニーカーなどが無難だといわれています。革靴の場合は、日頃からしっかり磨いておくと印象が良いでしょう。反対に、かかとを踏み潰して履くことは悪い印象を与えます。

その他

その他、爪をきれいに切っておくことや、指輪やネックレスなどのアクセサリーを着けないことなども、身だしなみの注意点として挙げられます。

女子生徒

女子についても、面接時に好感を与える身だしなみには以下のようなポイントが挙げられます。

髪型

髪の毛が長い場合は、結ぶなどして整えておくと好印象です。結ぶ際は、黒のゴムでとめると良いでしょう。前髪は、目にかからない程度が理想とされています。

パーマや毛染めは厳禁です。きちんと髪をとかして、清潔感のあるヘアスタイルを目指しましょう。

上着

まず、ボタンやホックなどがきちんと付いているか、汚れていないかを確認します。襟元や袖口は特に汚れが目立つため、洗濯やアイロンがけを徹底しておくと良いでしょう。校章やクラスバッジなどが曲がっていないかも注意が必要です。

スカート

スカートは面接や試験などの際、座る姿勢が多いと目に付きやすい箇所です。プリーツ加工のスカートは、きれいにプレスされているかどうかがポイントです。

靴下・靴

靴下は華美なものを避け、白や紺など無地のものを選ぶと良いでしょう。

靴は、黒や茶の革靴か、無地のスニーカーが無難とされています。革靴はしっかりと磨き、スニーカーもきれいに洗っておくことで清潔感が出ます。

その他

その他の注意点としては、男子生徒と同じく、爪をきれいに切り、アクセサリーを着用しないことなどがあげられます。またマニキュアや化粧、ピアスの着用などは避けるようにしましょう。