ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト中学校リサーチ

中学校情報

中学校での地域社会との交流・職場体験



中学校では生徒の豊かな人間性を育む目的で、地域社会の交流も踏まえた職場体験活動を重要視しています。総合的な学習の時間や教科外の特別活動の中で、自己の生き方を考える学習活動として職場体験を実施しています。

中学校での地域交流と職場体験の意義

中学校での地域交流と職場体験の意義

中学校での職場体験やボランティア体験は、総合的な学習の時間や教科学習以外の特別活動(学校行事)として行なわれます。これらの体験活動は、家庭や地域のサポートのもと地域社会での職場体験やボランティア体験をすることで、生徒は自分の力でやり遂げた充実感を味わうとともに、自立心や責任感も育まれます。人間としての生き方の探求へと結びつく基盤につながるものといえます。

中学校における地域社会との交流

入学式、卒業式といった儀礼的行事から、文化祭などの文化的行事、体育祭などの体育的行事まで、学校行事は校外に活動の場を求めたり、校外から来航者を招く機会があるものです。そのため、生徒が属する家庭や地域の人々に協力を得たり、参加してもらったりしながら、交流を深めることが重要です。

地域社会は、年齢や生活環境を超えた幅広い人間関係を経験できる場。地域の人々との交流を通し、人間としての生き方が深まります。

総合的な学習の時間における職場体験

生きること、働くことの尊さを実感する意味でも、地域や社会の一員として、職場体験やボランティア体験は学校教育において重視されています。

学習課題

自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、問題解決や探求活動に取り組む力を育成する「総合的な学習の時間」。その中での職場体験は、自己を理解し将来の生き方を考える上で積極的に取り入れられています。

具体的な学習課題として、職場体験を通し、以下を身につけます。

①職業の選択と社会への貢献
職業での自己実現と社会貢献
自分自身の夢や適性と職業の選択
自分自身の職業的な将来展望を模索する取り組みなど
②働くことの意味や働く人の夢や願い
地域で働く人の存在とその夢や願い
地域社会を支える様々な職業や機関
経済的自立と働くことの意味など

学習活動

職業体験は、問題解決のプロセスを学び、主体的に自己の行き方を考える上で、事前事後の学習が不可欠です。

①事前学習
職業と産業の理解、多様な職業内容や特色を学ぶ
身近な人の職業に関する考え、苦労、喜びについて理解する
②事後学習
職場体験を通し、職業や仕事に関する知識、職業の意義・役割について理解を深め、職業観を形成する
卒業後の進路やライフプランなどを計画する

職場体験は主に第2学年で行なわれ、具体的な学習活動例としては、3日間の職場体験を通し自分と地域の「人・もの・こと」との関わりについての探求活動に取り組みます。また、職場体験学習のテーマに合わせたプロの講話を聴くなどし、職業や進路、生き方を啓発する体験が行なわれることが大切です。