ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
中学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

中学校情報

中学校のボランティア活動



ボランティア活動は、中学校での教育学習外の特別活動において、学級活動、生徒会活動、学校行事のいずれの項目にも登場する必須内容となっています。

ボランティア活動を通し、社会貢献への自発的、自治的な取り組みによって社会奉仕の精神を養うだけでなく、社会の一員であるといった自覚と役割意識を培います。

中学校におけるボランティア活動とは

中学校におけるボランティア活動とは

中学校学習指導要領でボランティア活動は、特別活動の中で行なうものとして位置づけられています。その目標は、「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団や社会の一員としてより良い生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、人間としての生き方についての自覚を深め、自己を生かす能力を養う」ことだと、提示されています。

特別活動の中のボランティア活動

中学校では職場体験や自然体験といった体験活動の充実を図っています。その一環として、学級活動、生徒会活動、学校行事といった特別活動の時間にボランティア活動が行なわれています。

学級活動におけるボランティア活動

学級を単位として学校生活の充実と向上を目指す学級活動において、「適応と成長及び健康安全」のためとして「ボランティア活動の意義の理解と参加」が掲げられています。具体的な活動と、考えられる効果は以下の通り。

  • 具体的な活動として、下級生への学習支援、身近な助け合い活動など、校内でできる活動や、学級でできる活動を企画実行し参加すること。
  • 考えられる効果
  1. 社会的課題に触れることで社会の現状を学び、養われる社会性
  2. 他者との関わりを通して高められるコミュニケーション能力
  3. 自己肯定感や自発性

生徒会活動におけるボランティア活動

全生徒で組織する生徒会において、学校生活の充実と向上を目指す生徒会活動では、「社会参加」の意味合いを強く持つボランティア活動のひとつです。具体的に挙げると、生徒会活動として学校内で行なわれるボランティア活動と、地域のボランティア活動への参加など学校外の活動があります。

  • 生徒会の呼びかけによるボランティア活動
  • 地域の福祉施設や社会教育施設等での活動
  • 地域の社会的活動(防災や交通安全、文化・スポーツ行事など)

幼児から高齢者まで幅広い世代との交流や障害のある人々との触れ合いを通し、社会の一員としての役割意識を育みます。

学校行事におけるボランティア活動

学校行事は、学校生活に秩序と変化を与え、学校生活の充実と発展に資する体験活動を行なうことを目標に、勤労生産・奉仕的行事でボランティア活動を行なっています。

学級活動や生徒会活動との関連性を図りながら、共に助け合って生きる人間として必要な社会奉仕の精神を養います。

学校行事におけるボランティア活動は、家庭の連携や協力のもと、幅広い社会貢献、社会参加の活動において、地域の人々と交流できる機会としても重視されています。