施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト中学校リサーチ

中学校情報

中学校の教科課程/保健体育



中学校における保健体育では、「生涯にわたって運動に親しむ資質や能力を育み、また生涯にわたって健康を保持増進することでの豊かなスポーツライフの実現」を目標として掲げています。

「体育分野」では体力の向上を、「保健分野」では個人生活における健康・安全を重視しています。

成長期の心と体を育む、保健体育

成長期の心と体を育む、保健体育

2008年(平成20年)度の中学校学習指導要領において、保健体育の教科目標は以下のように示されています。

「心と体を一体としてとらえ、運動や健康・安全についての理解と運動の合理的な実践を通して、生涯にわたって運動に親しむ資質や能力を育てるとともに健康の保持増進のための実践力の育成と体力の向上を図り、明るく豊かな生活を営む態度を育てる。」

体育分野の目標と内容

運動領域と知識に関する領域で構成された「体育分野」。

運動領域は体つくり運動、器械運動、陸上競技、水泳、球技、武道及びダンスが挙げられ、知識に関する領域は体育理論を示します。これらは、生徒各自の技能、態度、知識などの観点から評価されます。

目標

生徒は中学校の3年間を通し、主に以下の3つの目標をもって体育分野における知識や技能を学びます。

  • 運動の楽しさや喜びを味わうことに向け、知識や技能を身に付け、運動を豊かに実践する。
  • 適切な運動で体力を高め、心身の調和的発達を図る。
  • 運動での競争や協同といった経験を通し、公正や取り組みや相互協力、自己責任の遂行といった意欲を育む等、運動への愛好的態度の育成。

内容と目的

  1. 体つくり運動(体ほぐしの運動と体力向上の運動)…健康の保持促進と体力向上
  2. 器械運動(マット、鉄棒、平均台、跳び箱など)…技の挑戦
  3. 陸上競技(短距離走、リレー、走り幅跳びなど)…記録や競い合い、種目特有の技能習得
  4. 水泳(クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライなど)…記録や競い合い、泳法の習得
  5. 球技(ゴール型、ネット型、ベースボール型※)…仲間との連携、勝敗の競い合いなど
  6. 武道(柔道、剣道、相撲など)…基本動作や技の習得、攻防で勝敗の競い合い
  7. ダンス(創作ダンス、フォークダンス)…イメージを捉えた表現、ダンスを通しての交流
  8. 体育理論…運動やスポーツの多様性、意義と効果、文化としてのスポーツの意義などの理解

※ゴール型はバスケットボース、ハンドボール、サッカー、ネット型はバレーボール、テニス、卓球、バトミントン、ベースボール型はソフトボールを指します。

保健分野の目標と内容

目標

中学校学習指導要領第7節/保健分野によると、「個人生活における健康・安全に関する理解を通して、生涯を通じて自らの健康を適切に管理し、改善していく資質や能力を育てる」という目標が掲げられています。

内容

  • 心身の機能の発達と心の健康についての理解…思春期の発育発達と自己形成及び欲求やストレスへの対処
  • 健康と環境についての理解…快適な環境の維持と衛生的処理
  • 傷害防止についての理解…防止法と応急手当
  • 健康な生活と疾病予防についての理解…原因と実践、予防