ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト中学校リサーチ

中学校情報

中学校の教科課程/社会



中学校における社会は地理、歴史、公民の3分野で成り立っています。社会的事象に関する基礎的、基本的知識、概念や技能を習得しながら、日本及び世界の成り立ちや地域構成に理解を深め、昨今の社会経済、様々な伝統文化、宗教など、幅広く学習します。

日本人として国土や歴史への愛着を持ち、国際社会や公共的な事柄に主体的に参画していく資質や能力の育成を目指します。

中学校の3年間で学ぶ、地理、歴史、公民

中学校の3年間で学ぶ、地理、歴史、公民

「広い視野に立って、社会に対する関心を高め、諸資料に基づいて多面的・多角的に考察し、我が国の国土と歴史に対する理解と愛情を深め、公民としての基礎的教養を培い、国際社会に生きる平和で民主的な国家・社会の形成者として必要な公民的資質を養う。」(学習指導要領)

上記の目標に基づき、中学校の3年間で地理、歴史、公民の3分野を学びます。

各分野における学習目標と内容

各分野における学習目標と内容

各分野の履修については、第1、第2学年で地理と歴史を並行して学び、第3学年で歴史と公民を学びます。

地理的分野※

日本及び世界の諸地域の地理的事象に関心を高め、環境や生活といったそれぞれの地域的特色を比較したり関連付けて考察しながら、地理的な見方や考え方の基礎を養います。

①世界の様々な地域
アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、オセアニアの地域特色
②日本の様々な地域
自然環境、人口、資源エネルギーと産業など、世界と比較した特色
③日本の諸地域
自然環境、歴史的背景、産業、環境問題や環境保全、人口や都市・村落、生活文化、身近な地域の調査など

歴史的分野※

日本における各時代の特色を踏まえ、歴史上の人物と現在に残る文化遺産の関連性を理解し、国際関係や文化交流のあらましを通して歴史的事象を多面的、多角的に考察します。

①歴史の捉え方
年代の表し方や時代区分、歴史の学び方
②古代までの日本
世界の古代文明、日本における国家形成、天皇や貴族の政治展開、仏教伝来、文化の国風化
③中世の日本
鎌倉幕府、室町幕府など武家政治、農業の発展、民衆文化
④近世の日本
戦国の動乱、近世社会の基礎、江戸幕府、鎖国、町人文化、欧米諸国の接近
⑤近代の日本と世界
開国とその影響、明治維新、大日本帝国憲法の制定など立憲性国家成立、議会政治開始、近代産業の発展、第一次大戦、第二次世界大戦、アジア諸国との関係、欧米諸国の動き
⑥現代の日本と世界
日本の民主化と再建、高度経済成長、国際社会との関わり

公民的分野※

個人の尊厳と人権尊重の意義、特に自由と権利、責任と義務の関係を理解し、基礎的教養を身に付けます。民主主義、国民の生活向上と経済活動の関わり、国際的な相互依存関係、世界平和などの学びを通し、現代の社会的事象に対する関心を高めます。

  1. 現代社会…少子高齢化、情報化、グローバル化など
  2. 経済…市場の働きと経済、国民生活と政府の役割
  3. 政治…日本国憲法の基本的原則、民主政治と政治参加
  4. 国際社会の諸課題…世界平和と福祉、持続可能な社会

※すべて、中学校学習指導要領・第二節「社会」より抜粋