ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト中学校リサーチ

中学校情報

高校入学前に備えておくこと



高校受験に合格し、中学校も卒業した春休みは、ホッと気のゆるむ時期。しかし中学校とは違い、高校には似通った学力レベルの生徒が一堂に集まります。その中でいち早くスタートダッシュを決めるためにも、春休み中に中学校での学習を見直しておきたいものです。

制服や通学バッグといった用具の新調も楽しいものですが、入学後の高校生活を楽しむためにも受験勉強で身につけた学習習慣を維持しましょう。

高校入学前の春休みの有意義な過ごし方

高校入学前の春休みの有意義な過ごし方

受験勉強から開放された春休み、4月から進路を別にする同窓生たちと心おきなく遊ぶのも1つですが、新しい環境で戸惑わないためにも入学前の学習準備は大切です。

進学する高校から出される課題に取り組むほか、主体的に行なっておくべき要点をご紹介します。

高校入学前に取り組みたいこと

高校入学前に取り組みたいこと

中学校までは、都道府県教育委員会管轄のもと、地域ごとに統一した教科書を使用し、学習指導要領に則った学習指導がなされています。高校では学科やコースといった特色に合わせた教科書を用いて学習指導が行なわれます。授業においても当然高度な内容となり、学習速度も早くなります。

入学早々、そうした授業状況に遅れないために、春休みから主要教科の予習、復習を行なっておくことが望ましいでしょう。

進学先からの課題

合格後に行なわれる学校説明会などにおいて、春休み中に行なう課題が手渡されます(学校により異なる)。主に中学校の学習範囲の復習するワークブックであることが多いようです。そうした課題の場合、テキストをもとにした確認テストが入学後すぐに行なわれるため、しっかり取り組んでおくことが大切です。

主要教科の予習、復習

中学校の学習で身につけた知識はすべて高校での学習土台であり、それは大学受験への礎となります。

高度になる学習内容についていけるよう、今一度、基本を見直しておきましょう。

特に国語、英語、数学の主要3教科はしっかりと。英語ならば英単語や慣用表現を見直すのも1つです。

予習としては、すでに教科書が手元にあるのであれば、目を通しておくのも良いでしょう。国語の教科書などに引用されている教材の書籍を、1冊まるごと読むのも、時間に余裕がある春休みならば可能です。

進学校の数学においては、高校1年生で「数学Ⅰ」「数学A」の2科目を学習します。「数Ⅰ」の第1章は方程式であり、中学校での学習の応用です。教科書の問題を問いてみるなどの予習を行なっておくと、入学後の授業にもスムーズに入れるでしょう。

高校生活のプランを考える

高校入学後、取り巻く環境が様々変わります。中学校までは自宅のある地域内での活動が中心でしたが、高校への通学が始まると地元以外のエリアへ。通学手段も公共交通機関を使用するなど、その行動範囲は大きく広がります。

自分自身の行動に責任を持ち、交通安全などに留意しながら高校生としての自覚を持つようにしましょう。

また、4月からの新しい学校生活に対し、どんなクラブに入るのか、どんな生徒会活動を行なうのかといった、希望なども考えておきたいところです。