ご希望の中学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト中学校リサーチ
中学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

中学校情報

高校受験までの流れ



中学3年生になると、本格的に高校受験に向けての準備が始まります。一学期には保護者を交えた三者面談、学校説明会への参加、体験入学などを通して志望校選びに取り組みます。

二学期の中間テストの結果をもとに、一般か推薦かの入試方法も考慮しながら志望校を決定します。三学期の受験シーズン本番を迎えるまで、受験生は様々なことを決定しながら入試対策を行ないます。

入試対策に役立つ、受験日までのスケジュール

入試対策に役立つ、受験日までのスケジュール

受験までの流れをスケジュール立てて知ることは、入試対策においても大いに有効です。志望校の決定から願書の提出に至るまで、大まかな流れを把握することで、いつ何をやるべきかが分かります。余裕を持って受験勉強に取り組むためにも、受験日までの流れを確認しておきましょう。

年間スケジュールで受験を把握する

年間スケジュールで受験を把握する

受験日までのスケジュールで、まず大切なことは志望校を決定すること。志望校をどこにするか、公立高校か私立高校か、単願でいくか併願にするのか。志望校次第で入試方法も異なり、それに伴い願書手続きや受験日の日程も変わります。受験勉強において目標を定めるためにも、早めに志望校は絞っておきたいものです。

志望校決定までの流れ

中学校の担任教師と保護者とで行なわれる三者面談。受験日までのスケジュールはそこから始まります。三者面談を行なう前に、受けたい高校(志望校)について考えを整理しておくことが必要です。

  1. 気になる学校のリストアップ
  2. 自分の学力(偏差値)の確認
  3. 学校説明会などへの参加
  4. 志望校の絞り込み
  5. 三者面談

受験までの大まかな流れ

高校入試の時期は、国立、私立高校においては1~2月初旬に行なわれ、公立高校については2月初旬に推薦入試(前期選抜)、2月下旬に一般入試(後期選抜)が実施されます。

この他、推薦や一般入試の一次募集で合格者が定員に満たなかった高校で、二次募集を実施することがあります。志望校におけるこれらの日程を学校説明会や学校のホームページで確認し、以下の流れを参考にして自分の受験スケジュールを立ててみましょう。

受験までのスケジュール

①一学期
4~5月:気になる学校のリストアップ
6~7月:学校説明会や入試説明会に参加
夏休み前:第1回目の三者面談…志望校の絞り込み
夏休み中:体験入学など
②二学期
10~11月:担任教師との二者面談…中間テストの結果を受け、成績と志望校の擦り合わせ。私立校を第一志望とする場合は、受験機会を増やすため推薦入試の出願も検討する
12月:第2回目の三者面談…志望校の最終決定。推薦入試を希望する場合は、2学期の成績(内申点)と志望校の推薦基準を照合し、受験校を決定。その後、入試日程や難易度を考慮し一般入試での併願校を選定する
③三学期
私立/推薦…1月下旬~願書提出、2月初旬~入学試験
私立/一般…2月中旬~願書提出、入学試験
公立/推薦…1月下旬~願書提出、2月初旬~入学試験
公立/一般…2月中旬~願書提出、入学試験

※上記の時期はあくまでも目安です。各都道府県、各学校により、実施時期は異なります